投資効率が上がるレバレッジ

Thank you for visiting my site.
2021年1月26日

投資効率が上がるレバレッジ

FXの大きな特徴である『レバレッジ』について詳しく述べてみましょう。

レバレッジとは言葉そのものの意味は『てこ』という意味をもっています。
簡単に言えば預けた保証金以上の額の取引が出来る仕組みのことです。

数字を交えて具体例をあげてみましょう。

100万円相当の取引をするとしましょう。
外貨預金の場合は100万円に対して100万円必要です。
しかしFXならレバレッジを自在に設定できます。
10倍にすれば、10万円で100万円相当の取引が可能となります。

ここで100万円の運用資金をつかって5万円の利益を狙う方法をFXと外貨預金を使って説明しましょう。

外貨預金の利子収入を考えたときに100万円を外貨預金にしたとしましょう。
高金利の豪ドルでも、年利が5パーセント前後です。
ですので1年間預けて得られる利息は5万円程度になります。
(この時の税金や手数料といった諸費用はを除く)

年利2パーセントの米ドルに至っては5万円の利息を得ようと思えば2年半以上預ける必要があります。

為替の値動きで5万円狙うとしましょう。
レートが1豪ドル=100円が105円になれば預けた100万円は105万円になります。
しかしそもそも5万円の利益を得るための必要な運用資金はいくらだったでしょうか?
もちろん100万円です。
100万円の原資から計算するとリターンは5パーセントでしかありません。

しかしレバレッジを掛けられるFXはもっと少ない運用資金、短い期間で実現が可能となります。

10万円の保証金でレバレッジ10倍にしたと仮定しましょう。
レバレッジが10倍なので10万円の10倍、100万円相当の取引が出来るわけです。
ですので、1豪ドルあたり5円の値動きで5万円の利益が得られる計算になります。

この場合は10万円の投資で5万円の利益となりますよね。
ですからリターンは50パーセントということになります。
さらにスワップポイントを考えて見ましょう。
豪ドルなら1日あたり180円です。
約9ヵ月後にはスワップだけで5万円の利益が達成できます。

ただし気をつけなければならないこともあります。
それはレバレッジはマイナスの方向にも作用すると言うことです。

5万円の利益になると言うことは裏返せば5万円の損益が出る可能性もあると言うことです。

1豪ドル100円から95円になったとしましょう。
この場合は100万円が95万円になります。
差し引きするとマイナス5万円です。
つまり10万円の証拠金は一気に半分になってしまうわけです。

期待できるリターンが高くなると言うことは損失を被るリスクも高くなる。
このことに注意してレバレッジは設定しましょう。

100年の歴史を持つセントラル短資のグループ会社が提供 セントラル短資オンライントレード

▼▼▼ 業界最高水準のスワップ金利、スプレッドコスト、FXハイパーで取引手数料完全無料!▼▼▼
トータルバランス抜群!スワップ金利狙いの初心者に特にお勧め!
window.__mirage2 = {petok:"808ef2d27217bb7939e2b9961d63ca2304e083f4-1611659577-1800"}; 'dimension3': 'siteversion'

年配者・初心者・女性トレーダーからも絶大な人気!信頼性の高いFX取引会社

var sc_remove_link=1; var sc_security="91f91c19";


 
Copyright (C) FXの口座開設をするなら、キャンペーンでお得なこのFX会社!. All Rights Reserved.